大栄建工株式会社大栄建工株式会社

HOMEHOMEお問い合わせお問い合わせサイトマップサイトマップ

HOME > リフォーム・浄化槽 > 浄化槽の設置・保守管理

各種リフォーム各種リフォーム

スノーダクトカバースノーダクトカバー

スノーダクトカバースノーダクトカバー

浄化槽の設置・保守管理浄化槽の設置・保守管理

水のトラブルQ&A水のトラブルQ&A

浄化槽の設置・保守管理

下水道が完備されていない地域でも
環境に優しく快適な生活が実現

合併式浄化槽は、下水道や農業集落排水と同じ位置づけの汚水処理施設として
厚生労働省、国土交通省や農林水産省が連携して計画的な整備を推進しており
設置することにより下水道完備地域と同様の快適な生活が実現します。

当社は「浄化槽設備士・浄化槽管理士」が多数在籍し
設置から委託・保守管理まで全てをフォローいたします。

札幌市では維持管理費補助制度があります。
※ 札幌市環境局環境事業部事業廃棄物課のホームページへ

生活雑排水って

水道の蛇口をひねればきれいな水が手に入る便利な時代。
しかしその一方で、河川や湖・海は年々汚れがひどくなっています。水質汚染の原因は、工場などの産業排水を思い浮かべますが

最大の原因は私たちの便利な生活がもたらす『生活雑排水』なのです。

川や海へ流れ出る汚れの料量
日常生活から排出される汚水物質(BOD)は、1日一人当りおよそ40g。
そのうち台所や浴室・洗面所からの雑排水が27g
残りの13gはトイレの排水です。
水の汚れを抑えるには使用済みの油を流さない
洗剤の量を少なくするなどの工夫が大切ですが
このような工夫をおこなっても生活雑排水をそのまま川に流してしまえば
自然が備えている自浄能力を超えて汚染されてしまいます。
これらの問題を解決する下水道も地形やコスト高の点から飛躍的な
普及率アップは難しく他の浄化方法に期待がかけられています。


H22処理施設別汚水処理人口普及状況
平成22年度末の処理施設別汚水処理人口普及状況

浄化槽の仕組み

そこでクローズアップされているのが『浄化槽』です。
汚濁物質の除去能力は「下水道の終末処理施設」並みの性能を備えしかも低コストで設置できる浄化槽は

いわば『ミニ下水処理場』です。

国や自治体も補助や融資をおこなってその普及を推進しています。
また環境省では、「生活雑排水処理施設」の経済比較のためのマニュアルを策定し汚水処理施設の効率的な整備を促進しています。
ここでは、最も一般的な「嫌気ろ床触触ばっ気方式」をイラストで解説しています。

浄化槽の仕組み(嫌気ろ床触触ばっ気方式イラスト)

浄化槽についてのFAQ

浄化槽の維持管理は、なぜ必要なのでしょうか?

下水道と同程度の汚水処理性能を持つ浄化槽の構造は建築基準法で定められており、正しい使い方と適正な維持管理を行えば、本来の機能を十分に発揮することができます。 しかし、使い方を誤ったり、維持管理を適切に行わないと、放流水の水質が悪化したり、悪臭が発生してしまうことになり、逆に生活環境を悪くする原因になってしまいます。

保守点検とは、いつ、どんなことをするのですか?

浄化槽の「保守点検」では、浄化槽のいろいろな装置が正しく働いているか点検し、装置や機械の調整・修理、スカムや汚泥の状況を確認し、通常実施される年1回の清掃以外に必要となる汚泥の引き抜きや清掃時期の判定、消毒剤の補充といったことを行います。
当然、定期的に行うべきものですから、家庭用の小型浄化槽では4か月に1回以上(処理方式や処理対象人員によって回数は異なります。)行うよう定められています。

浄化槽を「使う側」が知っているべき法的義務はどんなことですか?

1.下水道等による場合を除き、浄化槽で処理した後でなければ、
 し尿を公共用水域等に放流してはならないこと
2.浄化槽で処理した後でなければ、浄化槽をし尿の処理のために使用する者が
 排出する雑排水を公共用水域等に放流してはならないこと
3.浄化槽を使用する人は「浄化槽の使用に関する準則」(下記事項)を
 守らなければならないこと

  • し尿を洗い流す水の量は適正量とする
  • 殺虫剤、洗剤、防臭剤、油脂類、紙おむつ、衛生用品等で浄化槽の機能を妨げるものは流入させない
  • 単独処理浄化槽では雑排水を流入させない
  • 合併処理浄化槽では工場廃水、雨水、その他の特殊な排水を流入させない
  • 電気設備のある浄化槽の電源を切らない
  • 浄化槽の上部、周辺に保守点検や清掃の邪魔になる構造物を作らない
  • 浄化槽の上に浄化槽の機能を妨げるような荷重をかけない
  • 通気口をふさがない

4.浄化槽法では、浄化槽の所有者などを「浄化槽管理者」として定め、
 次のような義務を課していること(戸建て住宅の場合、一般には住民の方が
 「浄化槽管理者」になります)

  • 浄化槽の保守点検と清掃を、毎年、法律で定められた回数について行い、その記録を3年間保存しなければならない。ただし、保守点検や清掃を資格のある業者等に委託することができる
  • 指定検査機関の行う水質に関する検査を受けなければならない。これには、使用開始後3~8ヶ月以内に行う「設置後等の水質検査」と毎年1回行う「定期検査」の 2種類の検査がある。なお、これら浄化槽法の規定に違反すると罰則を受けることがあります。

浄化槽の清掃について教えてください?

浄化槽に流れ込んだ汚水は、沈殿・浮上といった物理作用と微生物の働きによる生物作用によって浄化されますが、この過程で必ず汚泥やスカムといった泥の固まりが生じます。これらがたまりすぎると浄化槽の機能に支障をきたし、処理が不十分になったり、悪臭の原因になったりします。そこでスカムや汚泥を槽外へ引き抜き、附属装置や機械類を洗浄したり、掃除する作業が必要です。
「清掃」とはこのような作業のことを指していいますが、浄化槽の維持管理の上で、とても重要な作業になり、年1回以上(全ばっ気型の浄化槽は半年に1回以上)の実施が義務づけられています。

法定検査を受ける義務もあるようですが

浄化槽法では、浄化槽管理者は「水質に関する検査」を受けなければならないことになっています。
浄化槽が適正に維持管理され、本来の浄化機能が十分に発揮されているかどうかを、この水質に関する検査で確認するわけですから、大変重要な検査です。
これらの検査は「浄化槽法」に定められていることから、法定検査と呼びますが、浄化槽を使い始めて3ヶ月を経過してから5ヶ月以内に行う「設置後等の水質検査」と、その後、毎年1回定期的に行う「定期検査」があります。

浄化槽からの音が気になりますが

浄化槽からの「音」や「振動」について、原因を特定するのは、かなり難しいことです。
過去にあった例では

  • ブロアが原因
  • 家屋の土台などと接触している
  • 「音」が聞こえる部屋と接近しすぎている
  • 浄化槽本体が原因

などがありました。いずれの場合も、早めに浄化槽保守点検業者(あるいは施工業者)に連絡して、適正な措置をとるようにしてください。

浄化槽からの臭いがひどいのですが

臭気の原因として考えられるのは、

  • ブロアの異常による浄化槽の機能低下
  • 浄化槽の清掃不足
  • 排気設備の不良
  • マンホール蓋の密閉が不十分

などがあります。
これらへの対処は、専門知識がなければできないものもありますので、委託している浄化槽保守点検業者に連絡して、適正な措置をとるようにしてください。

家族のみんなが知っておくべきことは何ですか?

小型浄化槽は、し尿だけでなく台所や風呂、洗濯などの生活雑排水もいっしょに処理する浄化槽です。それだけにさまざまな性質の汚水を処理する能力が要求されます。こうした状況を浄化槽を使用する家族のみんなが理解し、浄化槽が機能を十分に発揮できるように協力することが大切です。

1.登録を受けた保守点検業者等と保守点検契約を、許可を受けた清掃業者と清掃契約をそれぞれ結んでください。
また、指定検査機関に法定検査を依頼してください。
2.台所で使った油は、流しなどに流さず、ゴミと一緒に出すなべや皿のひどい汚れは紙でふいてから洗う
三角コーナーには細かいネットをかぶせる。
3.洗濯で無りん洗剤を使う洗剤はかならず適量をはかって使う漂白剤は適量を使う。
4.トイレで紙おむつ、衛生用品、たばこの吸殻を流さないトイレットペーパーを使う塩酸等の薬品を使わない。(普通のトイレ洗剤はOK)
5.浄化槽で殺虫剤は使わない、ブロアの電源を絶対に切らない。

浄化槽の設置にあたっての概要

浄化槽は建築基準法で性能、構造等が定められ、浄化槽法で製造、工事や維持管理のルールや資格等諸制度が定められています。
また、使う浄化槽の大きさは、人員算定のJISによって選択します。

当社は浄化槽に関する法律や制度に詳しい「浄化槽設備士」・「浄化槽管理士」が
多数在籍し、設置工事から管理委託まで浄化槽に関する全てをフォローいたします。
お気軽にご相談ください。

手続きについて

住宅新築の場合
建築確認申請書を建築主事に提出するときに『浄化槽設置届』を添付します。
改造設置の場合
保健所又は役所の担当窓口等に『浄化槽設置届』を提出します。
浄化槽の施工業者を決めます
浄化槽施工業登録店に設置工事をしてもらいます。建築業者に一括して頼む場合もあります。
設置する浄化槽の種類を決めます
資料を取り寄せ、ご自分で決めるか設計者か施工業者と相談して決めて下さい。
保守点検・清掃業者を決めます
行政窓口か業界団体、施工業者から登録業者及び清掃許可業者を紹介してもらい、保守点検契約を結んでください。
使用説明書の確認
保証書確認をして、メーカーへ連絡してください。説明書記載内容を確認して使用して下さい。

法律について

浄化槽を設置するときは、基本的な事項について法の規定があることを理解しておく必要があります。そのポイントは次の通りです。

  • 浄化槽は国土交通大臣が定めた構造方法を用いるものか、国土交通大臣の認定を受けたものでなければ設置できません。設置届を出すこと、また浄化槽工事には技術上の基準があり、
  • 「浄化槽設備士がいる登録工事店」
  • が設置工事をおこなうことなども法で定められています。
  • 浄化槽の保守点検は浄化槽管理者(普通は設置者)が技術上の基準に従って行なわなければなりません。通常は、設置者が浄化槽管理士がいる保守点検業者に保守点検を、清掃業者に清掃を行なってもらうことになります。

各種リフォーム・ポリの介・浄化槽などについてのお問い合わせ&メールフォーム各種リフォーム・ポリの介・浄化槽などについてのお問い合わせ&メールフォーム